大阪のスナック・バー許可なら 風俗深夜営業許可専門.Comキャバクラ・深夜酒類営業店・麻雀店など風俗営業に関わる全てのことに対応します。大阪・兵庫・京都・奈良の小規模・個人オーナー様の独立開業を全力で応援します。

遺言書Q&A

yuigonqa_img01 パソコンで遺言書を作成しました。有効ですか?

自筆証書遺言は、全て自筆でないと無効になります。

ビデオ録画・テープ録音の遺言も無効になります。

秘密証書遺言はパソコン等で作成しても有効です。


作成した自筆証書遺言書は訂正できますか?

訂正は可能ですが訂正方法は厳格に定められています。

できるだけ書き直しすることをお勧め致します。


一度書いた遺言書を取消すことはできますか?

遺言書は何度でも取消すことが出来ます。


違う内容の遺言書が2つありました。どうなりますか?

年月日の新しいものが最優先となります。


公正証書遺言書の手数料はどのくらいですか?

相続財産の金額と相続人数により決められています。

遺言書作成の公証人手数料の金額は次のとおりです。


遺産の価格   手数料

100万円まで    5,000円

200万円まで    7,000円

500万円まで  11,000円

1000万円まで  1,000円

3000万円まで  23,000円

5000万円まで  29,000円

1億円まで     43,000円

*手数料は受遺者ごとに計算されます。

*不動産の価格は固定資産税評価額によります。

*出張の場合は5割増料金となり日当や交通費も必要になります。

*相続・遺贈額の合計が1億円までの時は、11,000円が加算されます。

*取り消しの公正証書作成手数料は、11,000円です。



公正証書遺言の作成時に証人が必要ですか。

公正証書遺言や秘密証書遺言の作成の際に2名の証人が必要になります。 未成年者、推定相続人、受遺者その配偶者と直系血族、公証人の配偶者、四親等内の親族、公証人役場の書記、雇人はなれません。

一般的には、ご依頼された行政書士事務所でお願いできます。


遺言書を発見したら、どうすればいいですか?

家庭裁判所で検認の手続きが必要です。公正証書遺言は検認の必要はありません。

遺言書を勝手に開封した場合は、5万円以下の過料が科せられることがあります。


▲ページの先頭へ戻る