大阪のスナック・バー許可なら 風俗深夜営業許可専門.Comキャバクラ・深夜酒類営業店・麻雀店など風俗営業に関わる全てのことに対応します。大阪・兵庫・京都・奈良の小規模・個人オーナー様の独立開業を全力で応援します。

遺言書が必要な場合とは


yuigonsyo_img01下記項目に1つでもあてはまれば作成をご検討下さい。


○財産の分け方に法律に沿った配分以外の希望がある。

(遺言書がなければ、法律上の配分か遺産分割協議による配分になる)

○本来は相続人ではないが、お世話になった人に財産を遺贈したい。

(息子の配偶者、内縁関係の妻等の場合で遺言書がなければ権利はない)

○不動産や自動車等の財産がある。

(現金と違って売却しない限り、計算通りに分配することができない)

○相続人である子供同士の仲がよくなかったり貧富の差がある。

(相続争いが起こりやすいので遺言書をのこし、分配理由も書いておく)

○条件付きで財産を継がせたい。

(ペットの面倒をみるなら○○銀行の預金を相続するなど)

○排除したい相続人がいる。

(遺言書に記載することができる)

○再婚で前妻や前夫との間に子供がいる。

(面識がない場合が多く、争いになりやすい)

○夫婦の間に子どもや両親がいない。

(兄弟姉妹に相続権が発生しますが、妻に全額相続させたい)

○遺産分割を禁止させたい。

(残された妻が家に住み続けるために最長5年間可能)

○付言事項として自分の気持ちを残しておきたい。

(家族への感謝の気持ちを残しておきたい)

これらに該当する場合は、ご検討してみてはいかがでしょうか。

 

▲ページの先頭へ戻る